陳莉莉(2021)要約訳

 今回は陳莉莉(2021)「京都大興寺関帝像について」(『東アジア文化交渉研究(14)』,pp.435 - 447,2021年3月31日)の論文の要約として掲載されている英文を訳してみる。該当論文は関西大学のレポジトリにてPDFが公開されており、以下より閲覧が可能である。

 

また大興寺像については以前拝観レポートを作成したので、詳しくは以下の記事を参照されたい。

 

The statue of Kantei at Daikoji Temple in Kyoto
CHEN Lili

The Kantei faith in China developed greatly during the Song-Yuan Dynasty, and the imperial court's posthumous rank became a "King" through the "Hou" and "public".

The form of Guan Yu has been fixed with the development of literary works such as storytellings, ghost novels, Yuan Zaju operas, Yuanqu, and novels.

Although the Yuan dynasty's Guan Yu paintings are slightly different in shape, the Danfeng eyes, Jujube face, and long beard is already established at this time.

However, the statue of the Kantei, which is said to have been handed down from the Chinese Yuan Dynasty, is different from this one.

The purpose of this paper is to, through the analysis of the Severnt God and those belongings, compare the shape of Kantei in Chinese Song-Yuan Dynasty,the depiction of storytelling in the works of literature and the statue of Kantei of the DaikoJi Temple, and to examine the image of the Kantei in the DaikoJi Temple, which is said to be
the oldest in Japan.

 

以下、ほぼ訳。

 

京都大興寺関帝像について

陳莉莉


中国の関帝信仰は宋元代に大きく発展し、歴代朝廷は関羽に「侯」や「公」、そして「王」位を追贈していった。

関羽の人物像は語り物や志怪小説、元雑劇、元曲、小説などの文学作品の発展とともに固定されていった。

だが元代の関羽の図像は像容は多少異なるものの、鳳眼や棗色の顔、そして長髯はすでにこの時代には定着している。

しかしながら、元朝より伝わったとされるこの関帝像はこれらとは特徴が異なる。

本論文の目的は、中国宋元時代の関帝の像容や、文学作品中の物語上での関羽の描写を比較し、日本最古と伝わる大興寺関帝の像容を検討することである。

 

要は宋元代の関羽の肖像などを利用して大興寺像を比較する、という旨である。